再び水漏れ修理にならないためには定期的なメンテナンスが必要

業者が行なう漏水調査とは?~早期発見が可能~

地中の水漏れを再発させない~予防や対策が大切~

水漏れ修理をした後も、きちんと対策を行なわないとまた地中から水漏れが発生することがあります。ここでは水漏れの再発防止対策をご紹介します。

水漏れが再発しないための対策

地中からの水漏れ修理は一部分だけで大丈夫ですか?
排水マスがコンクリート製の場合、破損している箇所をモルタルで補修することができますが、破損するということは劣化してきているのかもしれません。そのため、一部だけを補修したとしてもまた別の箇所が破損してしまう可能性が高いです。水漏れする度に修理を依頼するよりも、思い切って設備を新しくしたほうが費用を抑えられるかもしれません。
水漏れしにくい配管はありますか?
地中の排水管を新しくするのであれば、塩化ビニール製の排水マスがおすすめです。コンクリート製の排水マスもありますが、塩化ビニール製の排水マスのほうが水漏れしにくいですし、サイズが一回小さく軽量なので施工の効率もアップします。人件費などの面から見ても、コスト性に優れているというメリットがあります。

日ごろからできる予防方法

水漏れトラブルが起こりやすいのは、排水管のつなぎ目や壁との接続部です。部品の劣化や設備の老朽化が水漏れを引き起こすケースも多いです。水漏れを防ぐためには、こまめに水道メーターを確認し、水道設備の状態も定期的にチェックするようにしておくことが大切です。日頃からチェックをしておくことで、水漏れを早期発見でき、被害を最小限に抑えることができます。

業者に点検を依頼する

水道設備のチェックをすると言っても、地中の排水管を確認するのは少々難しい作業になります。目視での確認が難しいということであれば、水漏れ修理業者に点検してもらうのがベストです。水漏れ修理業者は専用の機器を使って、地中の水漏れもしっかりと調査してくれます。また、トラブルの予防方法やアドバイスもしてくれる頼もしい存在です。

TOPボタン