水漏れ修理業者が来るまでに自分ができること。

業者が行なう漏水調査とは?~早期発見が可能~

応急処置を行なって水漏れ修理を依頼~地中への漏水を食い止める~

水漏れ修理を待つまでの間も水は地中にどんどん流れだしています。被害の拡大を防ぐためにも、まずは応急処置をすることが大切です。

応急処置の方法

排水管の場合
排水管はトイレやキッチンを使った時にだけ水が流れます。つまり、水を使わなければ被害が広がることはないということです。業者に来てもらって水漏れ修理を行なうまでは、できるだけ水を使わないようにしておけば問題ありません。特にトイレやキッチンの汚水は異臭の原因にもなるので、絶対に使わないようにしましょう。
給水管の場合
給水管が水漏れしていると分かったら、まずは止水栓を締めましょう。大抵の水漏れは止水栓を締めれば止まります。業者の方が水漏れ修理前に行なってくれますが、止水栓は自分で締めることもできます。被害を広げたくないということであれば業者が来る前に止水栓を締めておくと良いでしょう。

このように応急処置をすることで一時的に水漏れを止めることができます。しかし、根本的な解決にはなっていないので早めに水漏れ修理業者へ連絡するようにしましょう。

地下の水漏れ修理が得意な業者がある~施工できるかまずは相談~

水漏れ修理を依頼する場合、いくつかの依頼先があります。地中で水漏れが発生した場合はどこに依頼するのか知っておくと、スムーズに水漏れを解消できるでしょう。

得意分野が異なる水漏れ修理業者

水漏れ修理が依頼できる業者は、主に「修理専門業者」「指定工事業者」「住宅・設備メーカー」です。修理専門業者は文字通り水漏れ修理のプロです。指定工事業者は水道局から許可を得ている水道屋です。水道管の劣化は破裂といったケースを取り扱っています。住宅・設備メーカーは水道設備本体のトラブルを解決してくれます。水漏れの症状に合わせて、どの業者が最適か見極めましょう。

TOPボタン