水漏れ修理をする前に水道料金が減額される条件を把握しておこう。

業者が行なう漏水調査とは?~早期発見が可能~

地中の水漏れ修理なら水道料金を減額できる

地中で水漏れが発生した場合、水漏れ修理費用の他に建物の修繕費がかかることがあります。経済的な負担をできるだけ減らすために水道代の減額制度を利用してみてはいかがでしょうか。

水道料金の減額制度

水道管

自分は水を使っていないのに水漏れのせいで高い水道料金を払わないといけないなんて納得できないですよね。地中の水漏れなんてまず気付けませんから余計に払いたくないですよね。実は、地中などの発見が難しい箇所の水漏れ場合は、水道料金を減額してもらえる制度があります。水漏れ修理の後にちゃんと手続きを行なえば水道料金を減額してもらえます。

減額になる対象

発見しにくい場所の場合
基本的に水漏れで高くなった水道料金も利用者負担になります。ただし、ちゃんと管理していたにも関わらず水漏れしてしまった場合は、水道料金の減額か、もしくは返金してもらえます。ただし、自治体や水道局によっては減額制度が適用できない場合もあるので、一度市役所や水道局に確認してみるといいでしょう。
原因が自然災害の場合
地震や台風といった自然災害によって水道管が損傷し水漏れが起きてしまった場合も、水道料金が減額されたり免除されたりすることがあります。冬の寒さが厳しい地域だと、水道管凍結といったケースでも自治体によっては減額制度を設けているところがあります。家計の負担を抑えるためにもこうした制度について知っておくと便利です。

こうした便利な制度を利用するのもいいですが、そもそも水漏れの被害に遭わないことが一番です。定期的に水道設備の点検や補修を行なっておくことで、トラブルを回避することができるでしょう。

TOPボタン